不動産売却と年末調整

不動産売却を行った場合には税金が関わってくるというのはしっかりと把握しておかなければいけないところですよね。
不動産売却によってまとまったお金が入ってくることになるとは思いますが、
その一方で税金の支払いにもまとまったお金がいるわけですから覚えておく必要があります。
また、その税金については確定申告や年末調整が必要となってきます。
年末調整は会社などに勤めていてそこからの給与をもらっている方は会社側で税金に関しての調整が行われるわけですが、
不動産売約を行った場合に譲渡益があった場合には年末調整も必要となってきます。
不動産の売却で、売った際の金額が買った際の金額よりも小さかった場合というのもあるかと思います。
つまり利益が出ていないという場合ですね。
その場合だと税金の支払いはないということになるわけですが、そうなると年末調整は不要になることもあります。
必要なのか不要なのか、あるいは税金の支払いがあるのかどうかという点については計算をして把握しておくのが良いでしょう。
どちらの場合にしても不動産売却を行えば必ず税務署はそれを把握しています。
税務署からの通知は来ますが、年末調整が必要かどうかというのはまた別なのでやはり計算は必要ですね。

Posted in 不動産売却 | Tagged , , , , | 不動産売却と年末調整 はコメントを受け付けていません。

不動産売却時の手付金について

不動産売却をする場合に、買主からは代金をもらうことになるわけですが、
契約が締結したらすぐに全額を受け取るというわけではないですよね。
不動産売却の契約が締結した際にはとりあえず手付金を受け取るというのが一般的になっています。
手付金というのは不動産売却に限った言葉ではないのでご存知かと思いますが、要は契約したのでその約束を解除されないように一部のお金を受け取っておくということですね。
手付金については3つの種類があります。
証約手付、そして解約手付、違約手付の3種類ですね。
一般的に不動産の売買契約の際にはこのうち解約手付として支払われることになるかと思います。
特にどれということがなければ解約手付ということになるでしょう。
当然契約をしているわけですからその解除なんてない話ではあるのですが、
万が一買主がなんらかの理由で解約をしたいという場合であっても手付金は売主がそのまま受け取るということになりますね。
しかし逆に言えば手付があるということは契約の解除ができるということでもあります。
手付解除と言って契約を解除する方法の一つとなりますが、
相手方が契約の履行に着手するまでであれば、手付金の放棄や倍返しによって契約を解除できるというものです。

Posted in 不動産売却 | Tagged , , , , | 不動産売却時の手付金について はコメントを受け付けていません。

法人による不動産売却の税金について

不動産売却を行うと、その売却で得られた利益に対しては税金がかかってくることになりますよね。
一般的にはこれは所得税や住民税ということになるかと思います。
しかしこれらはあくまで個人の方が不動産売却を行い売却益を得た場合の税金ということになります。
個人ではなく、法人が不動産売却を行った場合にはまた別の税金がかかることになります。
法人による不動産売却の場合であれば、かかってくる税金は法人税ということになるわけです。
個人の場合なら売却した際の価格からその不動産を取得した時の費用と売却にかかった諸経費が差し引かれた金額が課税の対象となります。
もしそこで利益が出ておらず損益となった場合には所得がないわけですから所得税はかからないわけですね。
一方法人の場合ですが、この場合もやはり売却によって利益が出たのかどうかが関係しますが、
そこにその会社として利益が出たのかどうかも関わってきます。
会社としての利益が出ている場合にはそれも課税所得となりますので税金がかかってきます。
そして法人の場合もやはり売却してもマイナスという状態であれば税金はかからないということになります。
会社として不動産売却を行うなら売買だけでなく会社としての利益も重要ということですね。

Posted in 不動産売却 | Tagged , , , , | 法人による不動産売却の税金について はコメントを受け付けていません。

建物の不動産売却には消費税がかかる?

不動産売却においては様々な税金が関わってくることになりますが、
その一つとして不動産売却に消費税が関係するケースもあるというのはご存知でしょうか?
消費税というと最近5%から8%に増税になったということもあって敏感な方もいるかと思います。
もし自分が不動産売却をする時に消費税がかかるようならこれは大変だ、と思うかもしれませんね。
しかし、この不動産売却での消費税というのは限られた場合にのみ課税されます。
一つは建物の売却であるということ。
消費税の課税対象となるのは建物だけであり、土地の売買については非課税となっています。
消費税というのはその名の通り消費する対象にかかるものですが、土地というのは消費するようなものではないということですね。
一方で建物は消費されるものだという考えになっているため課税対象となるわけです。
そして重要なのは売主が不動産会社や課税事業者の場合にのみ課税されるという条件です。
つまりは業者ではない個人による売却であれば消費税が課税されることはないので心配する必要はない、ということですね。
ですので一般的には考えることはないわけです。
ちなみに不動産の価格というのは消費税込みの総額表示が義務となっていましたが、増税によって税込みでなくても良いという特例が設けられています。

Posted in 不動産売却 | Tagged , , , , | 建物の不動産売却には消費税がかかる? はコメントを受け付けていません。

東京スター銀行のリバースモーゲージはマンションOK

最近話題になっている「リバースモーゲージ」ですが、
日本国内ではまだそれほど普及はしていないですよね。
しかし、そんな中でも日本を代表するリバースモーゲージとなっているのが東京スター銀行の「充実人生」でしょう。
東京スター銀行の充実人生はテレビCMなどでも見かけるほどですから、内容は知らずとも名前くらいは知っているという方も多いはず。
そんな東京スター銀行のリバースモーゲージですが、一つの特徴としては一戸建て住宅だけでなくマンションもその対象となっているということですね。
他の金融機関であったり自治体や社会福祉協議会の場合は基本的に一戸建てのみが対象となっているのですが、
東京スター銀行のリバースモーゲージであれば一部地域のマンションであれば担保とすることが可能となります。
戸建ての場合は全国が対象となるのですが、マンションの場合だと東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪市、京都市、神戸市といったところが対象となります。
もちろんこれらの地域であれば良いというわけではなく、担保としての価値がある物件でなければ担保にすることはできません。
これらの都市部であればそれなりに評価が期待できるということでしょうね。

Posted in リバースモーゲージ | Tagged , , , , | 東京スター銀行のリバースモーゲージはマンションOK はコメントを受け付けていません。

住み替えタイプのリバースモーゲージ

近年注目が高まっているリバースモーゲージの大きなメリットとなるのは、住宅を手放さずに住みながらにして借り入れができるという点になるかと思います。
ですから、一般的なリバースモーゲージとしては担保となる住宅に住み続けて死亡時にその住宅を売却して返済という形になりますよね。
ですが、リバースモーゲージの形としてはこの住み続けるタイプだけではありません。
中には住み替えタイプのリバースモーゲージ制度というのも存在しています。
例えば国土交通省の扱っている高齢者の住み替え支援制度というのがそれにあたりますね。
例えば長年子供と一緒に広い家で生活してきたけれど、子供が成長して家を出て行くと広い家が必要なくなるということはあるかと思います。
そういった場合の住み替えのためにリバースモーゲージを利用するわけですね。
この住み替えタイプでは持ち家を国土交通省が長期的に借り上げ、それを子育て世代に賃貸として貸出ます。
賃料が入るのでそれを資金として高齢者世帯に貸し出すという形になるわけですね。
これによって高齢になってからでもリバースモーゲージでの借り入れによる資金を利用して新しい家への住み替えが可能になるということですね。

Posted in リバースモーゲージ | Tagged , , , , | 住み替えタイプのリバースモーゲージ はコメントを受け付けていません。

リバースモーゲージの満期のリスク

最近注目を集めているリバースモーゲージという制度。
自宅を担保として金融機関などから融資を受けるというのがリバースモーゲージなわけですが、
大きな特徴となるのが、借り入れをしてもその返済を生存中はしなくて良い、ということですよね。
ですから返済の心配をする必要なく毎月年金のように融資をうけて充実した老後を過ごせるというわけです。
ただし、このリバースモーゲージにはリスクもあります。
というのもリバースモーゲージでは返済の期限は死亡時もしくは「満期時」になるということです。
ですから、もし満期時を超えて長生きをした場合にはその時点で返済をしなくてはいけないということになります。
返済については現金で行うこともできるわけですが、基本的には自宅を売却することを前提としているわけで、結構な金額になるわけですから現金で返済できる方は少ないでしょう。
そうなると満期時を超えて長生きをした場合には自宅を手放さなければいけないということになります。
住み慣れた家を手放すというのももちろんですが、そのくらいの高齢になってまた新しい家を探したり引っ越したりするというのはなかなか大変なものですよね。
その辺りのリスクも考慮して利用しなければいけません。

Posted in リバースモーゲージ | Tagged , , , , | リバースモーゲージの満期のリスク はコメントを受け付けていません。

リバースモーゲージの利息について

リバースモーゲージという制度は自宅を担保にして銀行などから融資を受けることができるものなわけなのですが、
融資を受けるということは当然そこには利息が発生するということも覚えておかなければいけません。
返済については満期時か死亡時に自宅を売却して行うということが前提となっていますが、
借り入れの期間が長ければ長くなるほど借り入れ金額はもちろん利息も大きくなるということになります。
リバースモーゲージの返済方法には二種類があり、
一つは元利一括返済方式というもので、生存中は一切返済をすることはありません。
元金についても利息についても生存中は返済せずに、満期時か死亡時に一括返済をすることになります。
もう一つの返済方法は毎月利払方式というものであり、こちらは元金については死亡時に返済しますが、
利息については毎月返済していくことになります。
ですので年金収入など毎月返済できるだけの安定した収入が必要となります。
前者の元利一括返済方式の場合にはどんどん利息が積み重なっていくため、長生きをすればするほどに借り入れが膨らんでいくというのが一つの特徴にもなりますね。
どちらにしてもリバースモーゲージでは借り入れプラス利息を返済するということは頭に入れておきましょう。

Posted in リバースモーゲージ | Tagged , , , , | リバースモーゲージの利息について はコメントを受け付けていません。

リバースモーゲージと物件の評価額

老後の年金のように毎月生活のための融資を受けることができるということで注目されているリバースモーゲージという制度。
自宅を担保にすることで死亡時まで返済をする必要なく融資を受けることができるということで、
充実した老後をおくることができるということで利用を検討されている方も多いかと思います。
しかしこのリバースモーゲージは自宅を担保にするわけですから、自宅に価値がなければ融資を受けることも難しくなります。
そこで重要になるのが不動産の評価額ということになりますね。
リバースモーゲージを扱っているのは一部の銀行や自治体などということになるわけですが、
銀行の場合だとどちらかというと富裕層を対象としているため、ある程度以上の評価額のある物件でないと利用することさえできません。
自治体などの場合は公的な意味合いが強いため、銀行などよりは条件的には利用しやすいと言えるでしょう。
また、当然のことながら融資を受けることができる金額というのは不動産の評価額によって左右されます。
返済は満期時か死亡時になるため10?20年後ということで、価値が下がるリスクもあるということで融資の限度額は評価額の50?70%というのが一般的ですね。

Posted in リバースモーゲージ | Tagged , , , , | リバースモーゲージと物件の評価額 はコメントを受け付けていません。

リバースモーゲージと固定資産税について

高齢者の方でなにかとお金が必要という際に、お金を借りる方法というのはいくつかあるかと思いますが、
住宅を担保とすることで借り入れをすることができるのがリバースモーゲージというものですね。
最近注目を集め始めているこのリバースモーゲージですが、その特徴の一つとなるのが借り入れたお金の使用用途が自由であるという点ですね。
そのため、中にはリバースモーゲージでの借り入れを固定資産税の支払いなどにあてるという方も少なくないようです。
固定資産税は土地や家屋といったものにかかってくる税金なわけですが、住宅などを持っている方だと結構な金額になることもありますよね。
高齢者となって収入がない状況でも固定資産税を払わなければいけなくて生活が苦しくなるなんていうこともあるわけです。
そういった際にその住宅を担保として借り入れができ、使途が自由で何にでも使えるリバースモーゲージが非常に便利だというわけですね。
他の借り入れ方法とは違って返済をしていく必要がなく、返済は死亡時にその住宅を売却することによって行うことになるので、
返済に苦しむというようなこともないというわけです。
また、バリアフリー工事などをすることで固定資産税が減額されるケースもあるので、そういった工事の費用に使うという方法もありますね。

Posted in リバースモーゲージ | Tagged , , , , | リバースモーゲージと固定資産税について はコメントを受け付けていません。