5年以内のマンション売却に注意

マンションを売却するということになると、当然大きなお金が入ってくることにはなるわけですが、
その一方で出て行くお金というのもありますので注意が必要です。
特に大きいのはマンション売却で得られた利益に対する税金ですよね。
マンションを売却するとその利益は譲渡所得ということになって、所得税と住民税がかかることになります。
そしてここで一つのポイントになるのがその税金の控除の有無や内容なのですが、
マンションに住んでいた期間が5年以内なのか以上なのかによって違いがあります。
不動産の保有期間が5年以内で売却をすると短期譲渡所得ということになり、
5年以上なら長期譲渡所得ということになります。
つまりはこの5年以内か以上かで所得の種類が区切られているということです。
まず譲渡所得にかかる税金の税率自体が短期譲渡所得と長期譲渡所得の場合で異なってくるため、
場合によっては短期と長期では支払うことになる税金が倍くらい違ってくるケースもあるのです。
5年以内、以上という判定は1月1日時点で所有しているかどうかになりますから、
年末の段階でこのボーダーラインギリギリという場合であれば、年を越してから売却をした方が税金面で得ということになりますね。

This entry was posted in マンション売却. Bookmark the permalink.

Comments are closed.


スポンサードリンク