法人による不動産売却の税金について

不動産売却を行うと、その売却で得られた利益に対しては税金がかかってくることになりますよね。
一般的にはこれは所得税や住民税ということになるかと思います。
しかしこれらはあくまで個人の方が不動産売却を行い売却益を得た場合の税金ということになります。
個人ではなく、法人が不動産売却を行った場合にはまた別の税金がかかることになります。
法人による不動産売却の場合であれば、かかってくる税金は法人税ということになるわけです。
個人の場合なら売却した際の価格からその不動産を取得した時の費用と売却にかかった諸経費が差し引かれた金額が課税の対象となります。
もしそこで利益が出ておらず損益となった場合には所得がないわけですから所得税はかからないわけですね。
一方法人の場合ですが、この場合もやはり売却によって利益が出たのかどうかが関係しますが、
そこにその会社として利益が出たのかどうかも関わってきます。
会社としての利益が出ている場合にはそれも課税所得となりますので税金がかかってきます。
そして法人の場合もやはり売却してもマイナスという状態であれば税金はかからないということになります。
会社として不動産売却を行うなら売買だけでなく会社としての利益も重要ということですね。

This entry was posted in 不動産売却 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.


スポンサードリンク