建物の不動産売却には消費税がかかる?

不動産売却においては様々な税金が関わってくることになりますが、
その一つとして不動産売却に消費税が関係するケースもあるというのはご存知でしょうか?
消費税というと最近5%から8%に増税になったということもあって敏感な方もいるかと思います。
もし自分が不動産売却をする時に消費税がかかるようならこれは大変だ、と思うかもしれませんね。
しかし、この不動産売却での消費税というのは限られた場合にのみ課税されます。
一つは建物の売却であるということ。
消費税の課税対象となるのは建物だけであり、土地の売買については非課税となっています。
消費税というのはその名の通り消費する対象にかかるものですが、土地というのは消費するようなものではないということですね。
一方で建物は消費されるものだという考えになっているため課税対象となるわけです。
そして重要なのは売主が不動産会社や課税事業者の場合にのみ課税されるという条件です。
つまりは業者ではない個人による売却であれば消費税が課税されることはないので心配する必要はない、ということですね。
ですので一般的には考えることはないわけです。
ちなみに不動産の価格というのは消費税込みの総額表示が義務となっていましたが、増税によって税込みでなくても良いという特例が設けられています。

This entry was posted in 不動産売却 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.


スポンサードリンク