不動産売却時の手付金について

不動産売却をする場合に、買主からは代金をもらうことになるわけですが、
契約が締結したらすぐに全額を受け取るというわけではないですよね。
不動産売却の契約が締結した際にはとりあえず手付金を受け取るというのが一般的になっています。
手付金というのは不動産売却に限った言葉ではないのでご存知かと思いますが、要は契約したのでその約束を解除されないように一部のお金を受け取っておくということですね。
手付金については3つの種類があります。
証約手付、そして解約手付、違約手付の3種類ですね。
一般的に不動産の売買契約の際にはこのうち解約手付として支払われることになるかと思います。
特にどれということがなければ解約手付ということになるでしょう。
当然契約をしているわけですからその解除なんてない話ではあるのですが、
万が一買主がなんらかの理由で解約をしたいという場合であっても手付金は売主がそのまま受け取るということになりますね。
しかし逆に言えば手付があるということは契約の解除ができるということでもあります。
手付解除と言って契約を解除する方法の一つとなりますが、
相手方が契約の履行に着手するまでであれば、手付金の放棄や倍返しによって契約を解除できるというものです。

This entry was posted in 不動産売却 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.


スポンサードリンク