不動産売却と年末調整

不動産売却を行った場合には税金が関わってくるというのはしっかりと把握しておかなければいけないところですよね。
不動産売却によってまとまったお金が入ってくることになるとは思いますが、
その一方で税金の支払いにもまとまったお金がいるわけですから覚えておく必要があります。
また、その税金については確定申告や年末調整が必要となってきます。
年末調整は会社などに勤めていてそこからの給与をもらっている方は会社側で税金に関しての調整が行われるわけですが、
不動産売約を行った場合に譲渡益があった場合には年末調整も必要となってきます。
不動産の売却で、売った際の金額が買った際の金額よりも小さかった場合というのもあるかと思います。
つまり利益が出ていないという場合ですね。
その場合だと税金の支払いはないということになるわけですが、そうなると年末調整は不要になることもあります。
必要なのか不要なのか、あるいは税金の支払いがあるのかどうかという点については計算をして把握しておくのが良いでしょう。
どちらの場合にしても不動産売却を行えば必ず税務署はそれを把握しています。
税務署からの通知は来ますが、年末調整が必要かどうかというのはまた別なのでやはり計算は必要ですね。

This entry was posted in 不動産売却 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Comments are closed.


スポンサードリンク