マンション売却と贈与税について

マンションを売却した場合にはいろいろと税金関係の話も絡んできますよね。
マンション売却では基本的に売ったことで生じた利益に対して所得税と住民税がかかってくるわけなのですが、
マンションを譲渡した際に贈与税がかかるケースというのもあります。
通常の売却であれば贈与税がかかるなんていうことはないのですが、
例えば親から子へとマンションを譲渡したようなケースには、財産の贈与ということになりますので贈与税がかかってきます。
要は現金を渡したのと同じような扱いになるということですね。
マンションのような高額な贈与ということになると控除をしても結構な税金になるかと思います。
では贈与税がかからないようにするにはどうすればよいかというと、マンションの対価を親に支払って売却という形にする必要があります。
その場合に支払う金額は実際にそのマンションを売買するのに適した時価ということになります。
時価よりも安く売買を行えば、その場合はやはり残りの金額は贈与ということになるため贈与税がかかります。
そしてもちろん、親子であっても売買をした場合には所得が生じ、そこには所得税や住民税がかかるということですね。
要はなんらかの税金はそこにかかってくるということになります。

This entry was posted in マンション売却. Bookmark the permalink.

Comments are closed.


スポンサードリンク