マンション売却で値引きはすべきか

マンションを売却する時に売る側が悩むkとになるのが値引きをするのかどうか、というところですね。
当然ですがマンションを売却する側からすれば少しでも高く売りたいわけですし、
逆に買う側からすれば少しでも安く買いたいわけです。
もちろん、売る側が価格に対してよしとしなければ契約は成立しないのでいくらで売るかは自由なのですが、高くすぎると売れないのも当然です。
マンションの売却活動を開始しても問い合わせも内覧もないということになれば、それは条件が悪すぎるか、
やはり価格が適正ではないということですから、ある程度の値引きも検討しなくてはいけないでしょう。
また、実際に内覧などをして契約をする前に買主から値引き交渉をしてくることもあるでしょう。
ここで値引きをしてしまうかどうかが難しいところです。
こういった場合買う側としてはその物件を気に入っているのは間違いありません。
ほとんど買う気になっているのですが、交渉して安くなれば儲けもの、といった心理だと思います。
ですのでここで安易に値引きしてしまうのはちょっともったいないと言えるでしょう。
もちろん、それで売り逃してしまうという可能性もあります。
まわりの類似の物件など相場を調べておくことも価格交渉には必要かもしれませんね。

This entry was posted in マンション売却. Bookmark the permalink.

Comments are closed.


スポンサードリンク