5年以内のマンション売却に注意

マンションを売却するということになると、当然大きなお金が入ってくることにはなるわけですが、
その一方で出て行くお金というのもありますので注意が必要です。
特に大きいのはマンション売却で得られた利益に対する税金ですよね。
マンションを売却するとその利益は譲渡所得ということになって、所得税と住民税がかかることになります。
そしてここで一つのポイントになるのがその税金の控除の有無や内容なのですが、
マンションに住んでいた期間が5年以内なのか以上なのかによって違いがあります。
不動産の保有期間が5年以内で売却をすると短期譲渡所得ということになり、
5年以上なら長期譲渡所得ということになります。
つまりはこの5年以内か以上かで所得の種類が区切られているということです。
まず譲渡所得にかかる税金の税率自体が短期譲渡所得と長期譲渡所得の場合で異なってくるため、
場合によっては短期と長期では支払うことになる税金が倍くらい違ってくるケースもあるのです。
5年以内、以上という判定は1月1日時点で所有しているかどうかになりますから、
年末の段階でこのボーダーラインギリギリという場合であれば、年を越してから売却をした方が税金面で得ということになりますね。

カテゴリー: マンション売却 | コメントは受け付けていません。

マンション売却のタイミングについて

所有しているマンションを売却するという際に多くの人が悩みがちなのが、どういったタイミングで売却に出すのかということですよね。
マンションは言うまでも無く高額な商品ということになるわけですから、少しでも高く売りたいと考えるものです。
どのくらいの価格で売れるのかというのはタイミング次第だとも言われるわけですが、
ではそのマンション売却に適したタイミングというのはいったいいつなの?という話ですよね。
時期的なことを考えるとするならばやはり異動の時期とされる春や秋というのは需要が高まります。
そして逆にこの時期には売る方も多くなりますので市場は非常に賑わうということになります。
だったらこの時期が高く売れるのか?というとそうでもありません。
需要が高いですが供給も多いですので、要はライバルも多いということになります。
買う側はいろいろと選ぶことができるので、高いところから買う必要もないというわけです。
逆にこういった時期を外して売却した場合どうでしょう。
需要が少ない時期になりますが、売り出している物件も少ないので選択肢に入りやすいと言えます。
結局どういうことかというと、タイミングというのは時期的なものではなく、売る人買う人の出会いのようなものだということですね。

カテゴリー: マンション売却 | コメントは受け付けていません。

マンション売却で値引きはすべきか

マンションを売却する時に売る側が悩むkとになるのが値引きをするのかどうか、というところですね。
当然ですがマンションを売却する側からすれば少しでも高く売りたいわけですし、
逆に買う側からすれば少しでも安く買いたいわけです。
もちろん、売る側が価格に対してよしとしなければ契約は成立しないのでいくらで売るかは自由なのですが、高くすぎると売れないのも当然です。
マンションの売却活動を開始しても問い合わせも内覧もないということになれば、それは条件が悪すぎるか、
やはり価格が適正ではないということですから、ある程度の値引きも検討しなくてはいけないでしょう。
また、実際に内覧などをして契約をする前に買主から値引き交渉をしてくることもあるでしょう。
ここで値引きをしてしまうかどうかが難しいところです。
こういった場合買う側としてはその物件を気に入っているのは間違いありません。
ほとんど買う気になっているのですが、交渉して安くなれば儲けもの、といった心理だと思います。
ですのでここで安易に値引きしてしまうのはちょっともったいないと言えるでしょう。
もちろん、それで売り逃してしまうという可能性もあります。
まわりの類似の物件など相場を調べておくことも価格交渉には必要かもしれませんね。

カテゴリー: マンション売却 | コメントは受け付けていません。

20年後のマンション売却を考える

今から新築マンションを買おうという場合、20年後に売却するとするとその頃にはどうなっているのでしょうか。
さすがに20年後に不動産の価値がどうなっているのかを予想するというのは結構難しいものですよね。
20年前に今の不動産業界の状態を予想できたかというと、そうはいかなかったでしょう。
これから新築マンションを購入しようという方の中には20年後の売却まで見据えているという方もいるかもしれません。
20年後であっても少しでも価格が下落しない物件を選びたい、という気持ちもあるかと思います。
マンションの売却というのは新築から築年数が経てば経つほど価格は下落していくものです。
最初の1年で10%価格が下がり、そこから毎年3%から4%程度は価格が下落すると言われています。
だいたい10年以上が経過すればそこからは下げ止まりすると言われますが、20年後ともなるとその価値は大きく下がっていると言えるでしょうね。
先々の価格の下落が小さい物件ということになると立地条件が良いマンションということになるかと思います。
ただ20年先ともなるとその辺りの条件も変化している可能性というのも無くはないので、やはり難しいところですよね。

カテゴリー: マンション売却 | コメントは受け付けていません。

マンション売却時の値下げの時期は

自分の所有しているマンションを売却に出しているのだけど、なかなか買い手が見つからないということも少なくないかと思います。
いかに魅力的なマンションだったとしても、買い手が見つかるかどうかというのはタイミングもありますから、
思った以上に時間がかかるということも十分ありえる話なわけですね。
ただ、売却できるかできないかにはやはり価格というのも大きく関係してきます。
相場や適正な価格よりも高い値段ではなかなか売れませんから値下げの時期も考えなくてはいけません。
だいたいマンションを売却に出して、どのくらいの時期になれば値下げを考えるべきなのでしょうか。
値下げをするのに最適な時期というのは売りに出す人の事情次第だと言えるでしょう。
経済的な理由で売却をしているという方はやはりできるだけ早く売りたいという事情もあるでしょう。
そうなるとある程度早めに値下げをしていかないとお金が必要な時に間に合わないということもあるかと思います。
逆に時間的な余裕ああるようならじっくり様子を見てから値下げを検討することができますよね。
ただ、あまり高すぎるようだといくら待っても売れる可能性は低いですから、周りの相場を見て考える必要もあるでしょうね。

カテゴリー: マンション売却 | コメントは受け付けていません。

マンション売却と贈与税について

マンションを売却した場合にはいろいろと税金関係の話も絡んできますよね。
マンション売却では基本的に売ったことで生じた利益に対して所得税と住民税がかかってくるわけなのですが、
マンションを譲渡した際に贈与税がかかるケースというのもあります。
通常の売却であれば贈与税がかかるなんていうことはないのですが、
例えば親から子へとマンションを譲渡したようなケースには、財産の贈与ということになりますので贈与税がかかってきます。
要は現金を渡したのと同じような扱いになるということですね。
マンションのような高額な贈与ということになると控除をしても結構な税金になるかと思います。
では贈与税がかからないようにするにはどうすればよいかというと、マンションの対価を親に支払って売却という形にする必要があります。
その場合に支払う金額は実際にそのマンションを売買するのに適した時価ということになります。
時価よりも安く売買を行えば、その場合はやはり残りの金額は贈与ということになるため贈与税がかかります。
そしてもちろん、親子であっても売買をした場合には所得が生じ、そこには所得税や住民税がかかるということですね。
要はなんらかの税金はそこにかかってくるということになります。

カテゴリー: マンション売却 | コメントは受け付けていません。

西向きマンションの売却について

マンションを売却する時に売れるかどうかというのはいろんな要素が絡みあってきます。
これから売却しようとしているマンションが西向きだから売れにくいのでは、なんて心配している方もいるかもしれませんね。
買う側からすればいろんな選択のポイントとして、マンションの向きというのもその一つになってはくることでしょう。
やはり太陽が差し込むような部屋の方が印象が良いのは良いですよね。
マンション売却のウリ文句としても「南向き」など日当たりの良さをアピールしたものもよく目にします。
しかし、だからといって西向きが不利なのかというと、そこまで気にすることではないでしょう。
マンションを買う側としても、条件に合う物件というのはそうそう多くはないはずです。
いろんな条件があって、やはり重要なのは間取りであったり立地条件、価格といったところになると思います。
西向きかどうかというのはひとつのポイントにはなるかもしれませんが、
向きを絶対条件としているという方はそうそういないのではないでしょうか。
ですから、ちょっとしたマイナス要素になりうることはあっても、それだけで決定的に売れないであるとか
売却の際の価格が下がるといった心配はないでしょう。

カテゴリー: マンション売却 | コメントは受け付けていません。

不動産売却時の固定資産税の精算

マンションなどのマイホームを売却する不動産売却の際にはいろいろと税金が絡んできますよね。
不動産売却によって得られる売却益にかかる所得税や住民税の話というのはよく耳にしますが、それだけではありません。
不動産売却をした場合には固定資産税の精算というのもありますので覚えておきましょう。
固定資産税というのは土地や家屋などといった不動産にかかってくる地方税ですが、
所有している間はこの固定資産税を支払わなければいけませんよね。
しかし不動産売却によって所有していた土地や家屋を手放したということになればそれ以降は払わなくて良いということになるわけです。
この固定資産税の支払いというのは毎年1月1日時点での所有者が4月、7月、12月、2月に支払うというのが基本です。
そうなると1月1日を過ぎてしまえば、それから手放しても一年間払うことになるのかという疑問が生じますよね。
そういったことがないように、不動産の売買を行った場合、この固定資産税を日割りで計算して、
買主と売主とがそれぞれの所有期間によって負担するようになっています。
つまりは買主が売主側に残りの日数分の金額を精算して代金支払の際に一緒に支払うということになりますね。

カテゴリー: 不動産売却 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

不動産売却と青色申告

不動産売却を考えている方の中にはアパートやマンション経営をしているという方も多いかと思います。
不動産売却で得た利益というのもそうですが、アパートやマンション経営をしている方の場合、
毎年の確定申告の際には青色申告をすることができます。
一般的な確定申告というと白色申告というものなのですが、個人事業主の方などの場合であれば青色申告書を提出することができます。
白色の場合と違って青色申告をすれば税金の面でいろいろと有利な点があります。
控除の額が白色よりも大きかったり、いろんなものを経費として扱うことができるなどいったメリットがありますね。
青色申告をする場合には帳簿を記入して所得や税額をきっちり計算する必要がありその点は面倒かもしれませんが、
アパートやマンション経営の場合の青色申告書については個人でお店をやっている方の帳簿などと比べれば簡単なので、大きなデメリットとはならないでしょう。
節税という点にといてはメリットしかないとも言える申告方法になりますから、青色申告を選択する方が絶対に良いといえるかと思います。
不動産売却をする際には直接関係ないかもしれませんが、不動産関連の経営をされているなら必須でしょう。

カテゴリー: 不動産売却 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。

未成年でも不動産売却はできる?

中には未成年の方でも不動産売却をするような機会というのがあるかもしれませんね。
親が無くなった場合などに不動産を遺産として受け継ぐということはあるかと思います。
その不動産を受け継いだ方が未成年で、事情によって手放すということになればそういうケースもあるでしょう。
未成年の方が不動産売却をすることはできるのだろうか?という疑問がまず出てきますよね。
不動産の売買というのは非常に大きな金額が動きますから、未成年の判断で売買をするというのは法的に難しいと考えますよね。
実際に未成年が自分だけで不動産売却を行うことはできません。
未成年の方が所有する不動産を売却するためには法定代理人の同意が必要となります。
法定代理人が同意をすれば第三者との売買をすることが可能となります。
もし法定代理人の同意が無しに不動産売却を行ったらどうなるのか?
その場合は法定代理人の判断によってその売買契約を取り消すことができるようになっています。
つまり厳密にいえば未成年の方が不動産を売ること自体は可能ではありますが、そこには法定代理人あるいは成年後見人の許可が必要というわけですね。
逆に言えば法定代理人の許可さえあればあとは自由に売却ができるということになりますね。

カテゴリー: 不動産売却 | タグ: , , , , | コメントは受け付けていません。